赤ちゃんと腸内細菌

bacteria

赤ちゃんの腸内細菌はどこからやってくるのでしょうか?

最近の腸内フローラの研究によりますと、どんな腸内細菌が住んでいるかで、

その人に起こる病気や人格形成にまで関わっているかも知れないと言われています。

赤ちゃんはお母さんのお腹にいる間は無菌状態のままですが、産道を通る時に、お母さんの細菌を受け継ぎます。

ビフィズス菌の種類もお母さんと同じものを受けついできます。

誕生してすぐ、赤ちゃんはお母さんや親戚の人、近所の人たちに抱かれたり、触られたりしながらいろんな菌を取り入れていきます。

お母さんやお父さん、家族の人の口が触れても菌をもらってきます。この時むし歯菌が移ると可哀想なので、絶対赤ちゃんの口にチューしないというお母さんがいました。びっくりですね。

赤ちゃんに必要な菌はそれだけでは足りません。手にするものは玩具でも何でも口に持っていきます。自分の足の指もおしゃぶりします。

本能的に備わった細菌採取行動なのでしょうね。こうして摂り入れた菌は自分に合うものとそうでないものに分かれ、相性のいい菌がずーと一緒の常在菌となって、免疫力を高めていきます。

赤ちゃんは何をオシャブリしても生き生きと嬉しそうですよね。あれはきっと、菌を採取しながら、これから続く未来を、楽しい夢を無意識に感じているのでしょうね。

菌を取り入れていることを本能的に感じているのかもしれません。本能的にと言っても意味はよくわかっていませんが。絶対的に、この時期に組み込まれた行動なのだと思います。

誕生初日はブドウ球菌と大腸菌が多くの割合を占めるそうです。2日目には乳酸菌が3日目にはビフィズス菌が増殖し始め腸内細菌を整えて行きます。大腸菌やブドウ球菌などはだんだん減っていき、ビフィズス菌が90%にも達します。

保育器で育つ赤ちゃんはお母さんから十分な細菌を受け継いでこられません。それで免疫力が弱く、感染症などにかかりやすい状態になっているのでビフィズス菌を投与することになります。

ビフィズス菌が生成する物質によって、整腸作用をし、腸内環境を整え、悪い病気の感染を防ぐことができるからです。

妊婦さんの腸内細菌の状態が悪かったり、帝王切開で保育器で育った子はアトピーなどにもなり易いといいます。でも腸内細菌は食事などでも改善していけるので悲観する必要はまったくありません。

私は腸内フローラのことを知ってから、改めて母親の大切さがわかったようなきがします。子供は父親の性格、容姿にもにています。

しかし母親から細菌を受け継ぐということが、生きていく上での大きな条件をもらう事だと考えるようなりました。もちろん多くの先生、研究者のお話に影響されているからですけれども。

無菌の赤ちゃんが100種類から1000種類とも言われる腸内細菌を取り入れていき、総計100兆個以上にも達するというのです。数は学者さんによりバラツキがあります。未知の部分がまだまだ多いということですね。

赤ちゃんは短期間で無数の菌を手に入れ、各臓器などを強くし安定させながら育っていきます。

雑菌を嫌い、むやみに除菌剤を使うのは良くないかもしれません。潔癖性はアレルギーを引き起こす原因。とまでおっしゃる高名なお医者さんもいます。

雑菌と一概に嫌わず上手に付き合っていくことが健康には大切なのですね。

腸内フローラ。

多くの細菌を摂り入れ、腸内フローラと言われる腸内のお花畑(腸内細菌叢)を形成していくことは、新しい命の大きな礎となるものです。

腸内細菌の種類、数など3才までにほぼ確定すると言われています。昔の人が「三つ子の魂百まで」と言いますが何か関係がありそうですね。本当に腸内細菌が性格まで牛耳っている感じがしています。

腸内フローラを整える「カイテキオリゴ」のページへ▶️



                                         




a:793 t:4 y:0