腸内フローラとは

私たちの腸内(主に大腸)には無数の細菌が住んでいて消化されなかった食物を分解し、腸壁から体内に送り込んだり、老廃物を体外に排出したりと私たちの気づかないところで多くの働きをしています。

その腸内細菌叢のことを腸内フローラと呼ぶことが多くなりました。人に欠かせない有用な細菌の繁栄する様をお花畑(フローラ)に例えた言い方ですね。

                                  

人間の腸内には100種類以上、100兆個以上の細菌が住み着いているといわれます。
研究者によっては、数百種類以上、1000兆個以上と考えている先生も居られます。

人間の細胞が40〜60兆個と言いますから、体の一部にそのような数の菌が生息しているとはなんと驚きの数字でしょうか。

またその微細で膨大な数の菌が、多くの菌種が人間の腸内でうごめいていることを事を考えると、宇宙の宇宙、海の下の宇宙、体の中の宇宙、腸内の宇宙とロマンが深まるばかりです。

その膨大な細菌群は働きによって善玉菌、悪玉菌と分かれます。どちらでもない、あるいはどっちにも転ぶ、日和見菌がいます。

菌全体の70%が日和見菌、残り30%は善玉菌が20%、悪玉菌が10%の割合だそうです。

                                       

最近の研究では一口に善玉、悪玉と単純に分けられないともいいます。悪玉と思われていた菌が時には良いこともする善玉菌になったりします。当然、良い菌とされていたものが悪い菌に加担し悪さをする事もあるらしいのです。

菌にとって善悪で分けられのは迷惑な話です。本当に住み着いてはいけない悪玉菌なら最初から人に取り付くことができなかったのではないでしょうか。

善と悪で一体となってバランスをとろうとしています。ある菌だけが増えすぎると人の体に害を及ぼすこともあります。バランスさせることが肝心なようです。

腸内細菌は癌やアルルギー疾患のキーマンであったり、人の性格形成まで関わっている可能性があるそうです。

                                       
 
腸内菌をその働きや人体に対する影響から分類しますと、
乳酸菌などのような有用菌、
ウェルシュ菌などのような有害菌に分けられます。

有害菌が増えると、腸内腐敗が促進され、
アンモニア、フェノール、インドール
など人の健康に有害な物質が増えます。

これらは、腸管から吸収され、長い間には肝臓、心臓、腎臓などに負担を与え、老化を促進させたり、がんをはじめとするさまざまな生活習慣病の原因ともなります。

                                       

フローラをweblioで調べてみると
 Flora フローラ 一地方または一時代の 植物相 植物区系
 Fauna フォーナ 一地方または一時代の 動物相(群)
               分布上の 動物区系
と書かれています。

腸内フローラとは、私たちの体内に繰り広げられる細菌たちの生態系と思えばいいのですね。

私たちに馴染みがあるのは、本などの題名からもこちらの使い方ですね。
    【ローマ神話】フロラ 花の女神
     ラテン語  flōr‐, flōs 「花」

何れにしても腸内フローラは、これからの研究により私たちの未来に相当のインパクトを与えそうです。それもかなり良い方向にです。

しかし、先生によっては、医学界、薬学界は膨大な組織だといいます。

その組織を維持するには相当なコストがかかりますので、必ずしも私たち庶民が安価な医療を享受できるとは限らないとも仰っています。


説明
腸内フローラを整える「カイテキオリゴ」のページへ▶️

                                       

a:1118 t:2 y:1