便秘解消と腸内環境の作り方

腸内環境が整えば、新陳代謝が高まり排便力もついてきます。腸内バランスがとれて腸内活性化していれば、便秘解消は、自然に起こる一つの現象にすぎません。

もっとも大切なことは腸内環境が整えば免疫力が高まり、アレルギー性疾患などにも好影響を与え、快適な体調を取り戻せることです。

カイテキな体調なのに、便秘がちです。ということはありえませんね。

腸のなかでは色々な菌が、胃で消化吸収されなかった繊維質などを分解し、人の体の免疫力を高めビタミンを合成します。役割を終えた菌は老廃物と一緒に体外に出て行きます。

こうしたことを毎日毎日繰り返し、人が快と感じられる体調を維持していきます。

腸内環境を整えるということはビフィズス菌など善玉菌を増やし、腸内細菌全体がバランスよく配置された状態を作ることです。

特にビフィズス菌は、他の細菌たちが良い働きをするように、各菌の配置の采配をしているようなのです。ビフィズス菌が少ないと腸内の細菌のバランスがおかしくなり体調が崩れてしまいます。

それでビフィズス菌を増やすためにオリゴ糖を摂ります。オリゴ糖はビフィズス菌の餌になることは既にご存知の方が多いと思います。なかでもカイテキオリゴがベストなのは言うまでもありませんネ

なぜ腸内にいるビフィズス菌を増やさなければならないか?

それは、口から摂り入れてもビフィズス菌は胃酸に弱く腸まで届かないからです。それで腸内に住んでいるビフィズス菌に大好物のオリゴ糖を与えて数を増やします。

ビフィズス菌の入った食品はそのまま腸まで届かなくても、ビフィズス菌の餌になりますので、餌としての効果は発揮します。

最近は腸まで届くビフィズス菌、として発売された商品もあります。 先住の腸内細菌たちは、口から入ってきたビフィズス菌をそのまま受け入れて、腸内に留めおいてくれるでしょうか?

どうやらそうでもないらしいのです。
受け入れるか否かは腸内最近の状態に依存するということのようです。

それで腸内にいるビフィズス菌を元気にしてあげるのが一番確実な方法だということですね

私たちが腸内環境を整えるためには、しっかり発酵食品や繊維質をとり、オリゴ糖も定期的にとりいれて腸内細菌をバランスよく育てることです。

日常的には除菌、抗菌、殺菌とあまりムキにならず、土や自然に沢山触れ、雑菌をばい菌扱いせず、適度に触れ合い、自然に土壌菌を体内に取り込む工夫をしましょう。

大腸菌のいるところで0-157の様な病気は発生しません。小学校の給食などの綺麗に管理されたクリーンな所で0-157は発生します。

0-157は大腸菌がいる所では生きられません。本当に弱い菌なのです。大腸菌は悪玉菌の代表の様に思われていますが良いこともする菌なのです。

海外の話になりますが、あまり開発されていない地域で大腸菌がいっぱいいる様な所にはアレルギーの人がいないそうです。

健康を維持することはバイ菌に触れないことではありません。

日常生活の中でいろいろな菌と自然に接しながら、免疫力を高めていくことが健康の維持には大切なんですね。

小さな子から大人まで自然な暮らしの中で私たちを守ってくれる常在菌を獲得していくこと幸せの秘訣のようです。

体のガードマン、常在菌は腸内細菌だけではありません。顔や体の表面に住んでいる常在菌には皮膚を若々しくする菌もいるそうです。

美容のための洗顔もやりすぎては効果半減なのです。

私たちの腸内に新たな菌が入ってこないと腸内細菌が弱体化してしまいます。ひいては免疫力も弱まり、代謝も悪くなります。便秘ということにも繋がっていきます。

人間社会と同じです。多様性が失われると組織も社会も運営が難しくなります。

おおらかに色々なものを受け入れ、万全な環境づくりを心がけて行きたいものですね。

                                       

a:726 t:4 y:0