ビフィズス菌とオリゴ糖

オリゴ糖はビフィズス菌など腸内細菌を支える,縁の下の力持ち

私たちのお腹には100種類以上 100兆個以上の細菌が住んでいます。

その膨大な数の菌たちはグループを作り体のメンテナンスをしています。};

本人たちは自分の環境整備をしているだけかもしれませんが、住居である私の町を壊したがるはずはありません。

彼らは仕事によって異グループを構成し違ったミッションに付くこともあるそうです。多くの菌は土壌菌に属しますがすべてが解明されているわけではありません。

そんな中で比較的よくわかっている菌にビフィズス菌がいます。30種以上にものぼると言われいます。

彼らビフィズス菌は常に腸内環境の最適化を目指して働いています。
それは菌たちにとってより快適な腸内を作っているにすぎません。
それが結果的に私たちに快適環境を与えてくれるのです。

菌たちが住処にしている私たちが健康であれば、彼ら細菌も健やかなのですから共存共栄関係にあります。

ビフィズス菌を最も元気にするのがオリゴ糖です。

お母さんのお乳にはオリゴ糖が含まれています。母乳で育つ赤ちゃんはビフィズ菌がいっぱいで健康な腸内環境を形成しています。ビフィズス菌が食べ物を完璧に処理しているのでウンチはにおいません。

腸内細菌は繊維質の野菜などを餌としていますがビフィズス菌以外にもオリゴ糖が好きな細菌はたくさんいるのでしょう。

でも一般的にわかっていることはビフィズス菌を元気に増やしてくれのはオリゴ糖なのだということです。

ビフィズス菌を増やすために▶️



a:754 t:4 y:1