カイテキオリゴで花粉症対策

============================
腸内環境改善で花粉症対策!
『カイテキオリゴ』
============================

花粉情報

実は…
カイテキオリゴ』は花粉症対策ににも有効なのです。

なぜ便秘にきく『カイテキオリゴ』が花粉症にもよいのでしょうか?

それはいま話題沸騰の「腸内フローラ」とカイテキオリゴの関係が密接だからなのです。

腸内フローラと言いますのは、私たちの腸の中に住む善玉菌・悪玉菌たちの生態系のことでしたよね。

その中で善玉悪玉、様々な細菌たちの環境をバランスさせるのはビフィズス菌がリード役なのです。

腸内フローラのリーダーあるいは管理者のような存在なのですね。

ビフィズス菌に好物のオリゴ糖を食べさせ、活発にしてあげるとビフィズス菌は様々な腸内細菌にバランスの良い配置と動きをさせるようになります。

そして良好な状態の腸内フローラは私達の健康や美容を支えてくれる重要な役割を果たしているのです。



以前「ヨーグルト」が花粉症対策に有効だと大変流行したことがありました。

それはヨーグルトが直接花粉症に効くということではなく、乳酸菌やビフィズス菌が腸内の環境を整えることによってアレルギーが発症しなくなるという事だったのです。

ビフィズス菌の一番のサポート役はオリゴ糖でしたよね。
そして、その中でも「カイテキオリゴ」が優等生であるのには理由があります。

一般のオリゴ糖と違い、最初からビフィズス菌の餌として開発されてきました。腸内には20種類以上ものビフィズス菌が住んでいます。

カイテキオリゴは多数のオリゴ糖を組み合わせることによって、その20種類以上のビフィズス菌を元気にすることが出る自然食品なのです。

私たちはそのカイテキオリゴを摂取することで善玉菌、悪玉菌のバランスを良くし、腸内の環境、つまり腸内フローラを理想的なものとすることが出来るのです。

そうなると腸内細菌の働きによって免疫力が高まりアレルギーが発症しなくなると言うことなんですね。


「カイテキオリゴ」といえば便秘だけと思いがちですが、もともと腸内細菌に働きかけ腸内フローラの整備に役立つものなのです。

便秘に良いのは当然のことなのですが、腸内環境を整え免疫力を高め各種ビタミンを合成する手助けをしてくれます。

「株式会社北の達人コーポレーション」独自のEOS理論によりアレルギーをはじめ色々な病気に強い体を作ってくれのが「カイテキオリゴ」なんです。

腸内フローラを整え、花粉に対しても強い体を作りたいものですね


a:862 t:1 y:1